中古住宅を購入する際、誰もが気にすることではないでしょうか?
住宅診断(ホームインスペクション)は、住宅の専門家が第三者的な立場から住宅の売買などの際に行われる建物調査を行うものです。診断を行う者は売買に関わらない第三者機関として、住宅の劣化状況や欠陥の有無、改修すべき箇所やその時期、おおよその費用を見極め、依頼主にアドバイスを行います。住宅の健康診断のようなものです。
中古住宅購入前に物件の状態を見定めることで、購入後のリフォーム計画からその先の維持、修繕の資金計画も建てることができるます。
それにより、消費者の方が先々のリスクを含めて計画できるようになるので、安心して中古住宅を購入できるようになります。  
中古住宅購入前の住宅診断を特にお勧めしますが、中古住宅の購入後だけでなく、ご自宅の売り出し前や、リフォーム前に建物の状態を把握するのにもお勧めです。  
診断の方法は、目視で屋根、外壁、室内、小屋裏、床下などの劣化状態を診断するのが基本です。
また、傾きや含水率などは、機器を使って具体的な数値をお知らせします。

インスペクションのメリット

  • 建物を購入する方はとくに建物に関する不安がなくなります。
  • 必要な補修や修繕が明確になることで、リフォーム費用を含めた費用がしっかりわかります。
  • 建物の情報が売主・買主共に共有できます。

こんな方におすすめ

  • 中古住宅を購入された方
  • お持ちの建物でリフォームをお考えの方
  • 建物の売却を考えている方
  • 雨漏りの原因がわからない
  • 地震などで住宅が安全なのか心配な方

お気軽にお問い合わせください。0250-25-7707受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせ